コアテクノロジー

Core Technology

ハニカムとは

ハニカム積層体とは、ダンボールの板紙のようなものを何層にも重ねて作る構造体で、断面が蜂の巣に似ていることから、一般的にハニカムと呼ばれています。このハニカム積層体は、空気抵抗が低く、強度に優れ、表面積が広いという3つの特長を有しています。私たちの“コアテクノロジー”は、あらゆる素材をハニカム状に加工できることと、そのハニカムに様々な機能剤を添着し、特別な機能を持たせることです。この技術を応用し、除湿機やVOC濃縮装置、全熱交換器などのユニークな商品を世の中に提供して参りました。私たちは設立当時より培ってきたこのハニカム加工技術の強みを活しながら、地球環境に貢献する製品を生み出し続けることを重要なミッションと考え、日々新たな技術を磨いております。

ハニカムとは

ハニカムとは

さまざまなシーンで活躍するハニカム

私たちの製品は環境保全と省エネルギー、
先端テクノロジーを支える様々なシーンに貢献しています。

食品工場では様々な湿度問題が発生します。それらの問題を解決できるのが、デシカント除湿機です。また、工程内で発生した熱を回収し、他工程にて再利用する熱交換器も活躍しています。

関連商品

病院や老人ホームにおいて、ウィルスや細菌の繁殖を抑えるためには、室内を乾燥した綺麗な状態に保つことが有効です。その環境を作るために、当社の除湿機や全熱交換器は使用されています。

関連商品

全熱交換器とは、排気する空気の熱エネルギーをローターに蓄積し、取り込む空気にその熱エネルギーを伝えることで、空調に必要なエネルギー量を削減する省エネルギー機器です。

関連商品

塗装工程から排出されるガスの中から人体に有害な物質(VOC)のみを選択吸着し、無害化する装置がVOC濃縮装置です。他にも塗装の品質を維持するためにデシカント除湿機が用いられることもあります。

関連商品

スーパーマーケットでは、除湿機を用いることで、冷凍ショーケース内の製品への着霜を防ぎます。またバックヤードでは、湿度コントロールにより結露やカビの発生を防ぐことができます。
それ以外にも、オープンショーケースの吹き出し口には整流格子が用いられております。

関連商品

超低湿度な環境や湿度コントロールが求められる研究・開発段階において、低価格で高品質の環境を提供できるのが研究用のドライシステムです。グローブボックスからドライルームまで規模に関わらずご提案可能です。

関連商品

Contact Us

092-942-5711

受付時間 8:30〜17:30
土・日・祝日・年末年始を除く

採用情報

Contact Us

092-942-5711

受付時間 8:30〜17:30
土・日・祝日・年末年始を除く